ワンニャンママのブログ

カレンダ−

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


カテゴリ−



ア−カイブ



プロフィ−ル


★ワンニャンママ家の4ワン達


ぷりん



しなもん


ここあ


もか





★ワンニャンママ家の5ニャン達

クロ



モッチ



マリ&リュウ



ココ

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.03.24 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    あっという間に・・・

    3
     


    チビ姫達が産まれて約10ヶ月

    今では しなママより大きく成長したチビ姫達



    しなママ

     

     

     
    四女 マ−ブル

     
    三女 チョコ

     

    チョコは 姉妹の中でも一番 大きく育ってます



    ワンニャンママ家は 女が強い

    ここあ君 いつも チビ姫達に
    わやくちゃにされ
    タジタジ

     

    チビ姫達より 年齢は大きい 
    もか ですが・・・

    体の大きさは
    どのチビ姫達と比べても
    小さい

     

    今年 生まれたチビ姫達 
    そして 旦那が拾ってきた子猫のチョビ
    今年は 家族が4人増えました

    とても 慌ただしく
    毎日が バタバタで

    チビ姫達の成長も
    知らぬ間に 大きくなってた
    ・・・って感じ

    年末には 新しい家族の子になった
    次女のライラちゃん家族が
    ワンニャンママ家に泊まりに来ます(ライラちゃんの里帰り)

    新しい年明けは
    とても にぎやかな年明けになりそうです

    マ−ブル 手前チョコ 右ゴマ
    背中だけ写っているのはもか

    ワンニャンママの 今年 一年は
    忘れられない年になりました

    しなの妊娠 出産 育児
    産まれて間もない子猫の子育て

    今年は 今まで経験した事のない
    素晴らしい経験を たくさんして

    ワンニャンママの宝物も増えました
    本当にステキな一年でした
     

     




    チョビの社会勉強(にゃんこの社会)

    2
    そろそろ チョビも社会勉強の時期

    チョビをニャン達の集まっているところへ連れて行くと

    少し 警戒はしているような?
    でも 震えるわけでもなく

    他のニャン達の方を見ているチョビ
    『ここは どこにゃ? あそこにいるデカイやつらは誰にゃ?』
    チョビから見れば 皆 デカイ 


    リュウ君とマリちゃんが チョビに近づいてきました
    しばらく チョビの行動を観察して
    マリちゃんは 退散

     
    リュウ君は チョビに近づいてきました

    すると

    チョビちゃん いきなり2本足で立ち上がり
    『やるか』のポ−ズ

    リュウ君 逃げるわけでもなく
    怒るわけでもなく チョビを見てるだけ

    この リュウ君 はじめてチョビが 家に来た日から
    チョビに興味ありありだったみたい
     

    そこへ 長老のクロ 登場
    チョビをペロペロ 
    さすが 長老のクロ 

    そうやって いつも優しく
    モッチ リュウ マリ ココを受け入れてくれて
    子守りしてきてくれたんだよね


    モッチは その様子を離れた場所から見てるだけ


    そして クロが ワンニャンママを見て
    『また わしゃ〜 子守り役ですかにゃ〜 やれやれ』
    とでも言いたそうな顔をして

    クロは もう 今は おじいちゃんだけど
    新しく我が家に やってきた子猫達に いつも とても優しくて
    まるで 母猫みたいに世話を やいてくれてたんです

    クロを見て育った下の子達も クロの教えなのか?
    どうかは わかりませんが

    決して 新入り子猫を傷つけたり 怒ったりした事が ありません



    でも マリちゃんは 何だか不機嫌そうな顔
    あっ そ〜か〜

    チョビは 女の子だもんね〜
    マリの大好きな リュウ君 取られちゃうとか 思ってたりして



     
    ライバル意識?


    片目のココちゃんは チョビの前に出てきませんでしたが
    きっと 仲良しになるでしょ〜〜

    子猫の未来 幸せへの一歩

    2

    旦那が 拾ってきた子猫のチョビが家に来て 約1ヶ月 
    最近 離乳食を良く食べるので ふっくらしてきました
    子猫ちゃんって感じでしょ
    家に来た当時は ガリガリでネズミみたいだったのに

    毛色が黒にシルバ−ぽい色が ところどころ混じってます
    成長したら どんな成猫になるんだろうって
    チョビの成長が楽しみなワンニャンママです
    白く濁っていた片目も 今は治って
    両目 パッチリ ちなみに性別 女の子


    普段 旦那を褒める事のない ワンニャンママですが
    チョビを家に連れてきた事に対しては『良くやった』と
    心の中で思っています(口には だしません)

    連れてきただけで 全く お世話は しない旦那だけど
    今 チョビが こうして ここにいるのは
    旦那のおかげ

    旦那が チョビを連れてきた日
    私は 猫の保護活動をしている方に連絡しました

    生後 一週間も経っていない まだ 産まれて数日も経っていない
    子猫を どうすれば良いのか わからなかったからです

    その方は 色々 アドバイスしてくれて
    まず 子猫の体温を下げない事
    次に 片目がメヤニや砂で瘡蓋のように腫れ上がっていたので
    すぐ病院へ連れて行ってと言われました
    ミルクも全くうけつけず
    チョビの世話をするのに
    その方のアドバイス 獣医さんの指示 ネットで調べての
    育児でした

    猫の保護をしている方も 私がチョビの育児中
    子猫 2匹を保護したようです

    子猫は 生後2週間くらい
    ゴミ置き場に捨てられていたみたいです



    現在の子猫(まだ ミルクしか飲まないと言っていました)
    もう少し 大きくなったら 次は 里親さん探しをするようです


    子猫を捨てる人の考えが 全く想像もできません
    ゴミ置き場に子猫を捨てていくなんて
    子猫は ゴミ扱い?

    もしも 一匹だけ 数匹の子猫が捨てられていて 
    小さくなって震えているのを見つけたら
    みんなは どうするのかな?

    見て見ぬふりをするのかな?
    家で飼えないから・・・
    世話が大変だから・・・
    たかが子猫・・・
    色んな言い分が あると思います

    でも もし 家で飼う事 世話が できなくても
    猫を保護している団体さんがいます

    事情を説明すれば きっと 力になってくれるはずです

    子猫を見つけたら通り過ぎずに
    子猫を抱きあげて欲しいと思います

    抱かれた子猫は きっと 温かい手に喜びを感じてくれると思います
    子猫を抱いた人も きっと この子は生きているんだって
    そう感じると思います

    子猫を見つけて通り過ぎるのは
    もしかしたら 誰かが拾ってくれるかも知れない
    でも 誰もが見て見ぬふりして通り過ぎてしまったら
    子猫の命は そこで終わってしまいます

    人間の子供を助けたら 感謝状をもらったり
    周りの人達から褒めたたえられたり

    でも 子猫を助けたからって 誰も褒めてはくれないかも知れない
    拾った子猫の世話は 想像以上に大変な事かも知れない

    でも 少しの手助けが 子猫の未来 幸せにつながると思います
    少しの手助けは 子猫の未来 幸せへの一歩だと思います

    見て見ぬふりをして通り過ぎずに
    子猫を抱き上げて
    未来への手助けをしてあげて欲しいと思います

    旦那が チョビを連れてきた時 チョビの体が 温かかったのか
    冷えていたのか 感じる余裕がありませんでしたが

    今のチョビは 抱くと温かいです

    もしも 旦那が チョビを見つけたのに
    見て見ぬふりをしていたら
    そう考えると ぞっとします

    私の家にいる猫達は皆 野良猫 捨てられていた猫達です
    チョビを入れて6匹目になります

    もう 手いっぱいなのが 正直な気持ちです
    でも もし 又 子猫を見つけたら

    旦那が 息子が 子猫を家に連れて帰って来たら
    私は 旦那や息子に

    『良く やった』って
    心の中で褒めてあげます



    しなママとチビ姫達の成長

    2
    昨日 shinoママさんのブログを読んでいて
    チビ姫達の産まれた時の事を思い出し
    写真を見ていました

    3月23日に産まれ 今は もう10月
    あっという間の7ヶ月
    でも あっという間の その1日1日
    色んなエピソ−ド 出来事があったんだよね

    今年 1月19日 しなもん と ぷりんが交配

    予定日は 3月20
    だんだん大きくなる しなもんの お腹
    食欲も旺盛になって とにかく よく食べてた

    3月20日 出産予定日になっても陣痛がこない 
    次の日も次の日も・・・陣痛がこない

    3月22日の夜 しなもんが やたら甘えて
    体に震えが・・・いよいよ出産
    でも 陣痛らしき気配はあるものの 
    いきみは全く無し
    その状態で一夜を明かし 
    次の日3月23日病院へ連れて行ったら
    微弱陣痛で陣痛が弱い為に赤ちゃんを自力で出産できないと言われ
    このままだと しなもんも お腹の赤ちゃんも危険と言われて
    帝王切開する事に

    赤ちゃんに負担がかからない様にと部分麻酔が弱かったようで
    待合室で待っていたら しなもんの悲痛な鳴き声が聞こえてきて
    とても辛くて 
    あの時 旦那も一緒にいて
    ワンニャンママが旦那に言った言葉
    『妊娠なんかさせなきゃ良かった』
    『産まれてくる子より しなもんの方が大事』
    って泣いて言ったのを覚えてます

    しなもんが 手術室に入って30分くらいかな?

    『4匹 無事 産まれましたよ』って

    はじめて見た産まれたての赤ちゃん
    はじめて触れた産まれたての赤ちゃん
    この場面でもワンニャンママ 涙 涙でした 

    数分後 しなもんも無事 私の腕に抱き
    またまた 涙 涙

    しなもんが帝王切開した病院では 
    産まれた後の赤ちゃんの処置は 飼い主さんがします

    産まれた子の体をキレイに拭いて
    みんな元気な産声を聞かせてくれました

    帝王切開の為 産まれた順番が はっきりしないので
    私が手に抱いた順番で一女 二女 三女 四女を決めました
    最初に抱いたのが 一女 ゴマ 
    一番 小さな女の子でした


    2番目に抱いたのが 二女 マロン  
    ゴマと比べると かなり大きい子でした


    次に抱いたのが 三女 チョコ


    そして 四女 マ−ブル 
    チョコとマ−ブルは似てたので後で わからなくなるといけないと思い
    ノ−トに記入(チョコ 模様が細かい マ−ブル 首の真ん中に大きな模様)


    家に帰り しなママ 帝王切開で縫ったばかりで出血しながらも
    我が子に お乳をあげていました
    誰に教わったわけでもなく
    ちゃんとママしてる
    母性本能って凄いママって偉い本当に凄い
    しなママは子育て中 子供達から少しも離れることなく
    ただ ただ 育児に専念していました
    しなママは ご飯も食べようとしないで育児していました
    なのでワンニャンママ 栄養のつく離乳食やミルクを
    しなママの口に入れて食べさせてました


    しなママのお乳を たくさん飲んで日に日に大きく育つ4チビ姫達


    子供達の側から決して離れようとしない 
    しなママ
    本当に感動の毎日でした













     

    耳が聞こえるようにようになり 目が開き
    だんだん 活動範囲が広がっていく4チビ姫達

    箱から転がり出てしまって しなママがオロオロ
    心配そうにしている姿を何度となく見ました

    そんなの関係ないと言わんばかりに 
    4チビ姫達は交互に箱から転がり出てのくり返し




    気がつけば・・・ 
    しなママの後を追って 走り はしゃぐ4チビ姫達


    おもちゃの取りあい 引っ張りあい 


    二女のマロンは優しいママ パパの子になり
    ライラちゃんと名付けられて
    超〜大事に超〜過保護に超〜可愛がられています 


    3チビ姫達のワクチン接種 狂犬病ワクチンも済み
    お散歩デビュ−もして






    3チビ姫達も連れて
    ワンニャンママ家 7ワン連れての初お泊り旅行も行って


    しなママ 
    あんた 本当に良く子育て頑張ったね


    今じゃ
    ちび姫達 しなママと体の大きさ変わんないくらい
    大きくなったもんね
    左からしなママ尻マ−ブル尻(四女)チョコ尻(三女)
    手前ゴマ(一女)


    3月23日 
    しなもんが帝王切開で手術を受けてた時
    しなもんが 何よりも 一番 優先だった
    妊娠さえしなければ しなもんに痛い思い させないですんだのに
    あの時は そう思ったワンニャンママだったけど

    しなママの我が子を一生懸命 育てる姿 
    それに応えるようにスクスク 育ってくれているチビ姫達

    しなママ 『産んでくれてありがとう』

    チビ姫達『産まれてきてくれて ありがとう』
    本当に そう思う

    あっという間に月日は経つけど
    あっという間に過ぎる1日の中では 
    色んな事があるんだよね

    ワン達もニャン達も私達も毎日 
    違った表情で 色んな出来事があって 

    あっという間に過ぎる1日って
    とても大切な時間 1日なんですよね
     

    楽しい時間は あっという間に過ぎるっていうから
    ワンニャンママの毎日って
    幸せ 楽しいのかしらぁ〜

    それは きっと いや絶対 間違いなく

    ワンニャン達がいるからだね

    ワンニャン達との時間を今まで以上に
    大切にしようと思ったワンニャンママでした





    子猫のチョビとチビ姫達

    1


    お久しぶりのブログです

    4チビ姫達が産まれて半年 トイレの躾も ほぼ完璧

    そろそろブログに力を入れようと思いきや

    なんとヽ(´Д`;)ノ 

    うちの旦那が生後 数日しかたっていない子猫ちゃんを拾ってきました

    連れてきた子猫を見た時 可愛いと言うよりも

    ガリガリで元気もなくグッタリしてて

    片目が 砂とメヤニで塞がってて

    急いで子猫用ミルクを買いに走り飲ませようと頑張ったけど
    飲んでくれず

    正直言って もうダメなんじゃないかなと思いながらも
    獣医さんに連れて行くと

    不安が、さらに増す言葉・・・獣医さんから、母猫が見捨てた子かもね

    と言われ・・・
    母猫は、他の子猫を守る為に、弱い我が子を捨てることがあるそうです
    母猫が、見捨てた子猫は、人間が、頑張って育ててもダメな時があるそうです

    しかもメヤニで塞がっていた目は、眼球が白く濁っているから

    もしかしたら失明するかも知れないと言われ・・・
    目薬 1日 3回

    3時間おきにシリンジで子猫用ミルクを無理にでも、時間をかけ飲ませて 

    おしっこ うんちを刺激して出してあげて下さい

    と2.5ミリ用のシリンジ10本をもらい家に帰ってきました

    が〜Σ(゚д゚lll)

    ワンニャンママ 仕事してるし

    毎日 3時間おきにミルクと

    1日 3回の目薬・・・

    どうしようと考える余裕はなく 
    仕事の休憩時間に猛ダッシュで家に帰り

    子猫にミルクを飲ませて おしっこ うんちをさせる為

    脱脂綿で子猫のおしりあたりをツンツン刺激
    おしっこは、すぐでるけど

    うんちは3日に1回(出が悪い時は、子猫の下半身をぬるま湯につけて

    お腹をマッサ−ジ→よく でます(´▽`)

    で、子猫のミルク おしっこを済ませ 猛ダッシュで仕事に戻る生活を

    約1ヶ月続けてきました

    とにかく子猫にミルクを飲ます事と おしっこ うんちを出させることで

    必死だった この一ヶ月 気がつけば 

    子猫は、すくすく育ってるではあ〜りませんかヽ(*´∀`)ノ

    でも ワンニャンママ 子猫のミルクの為 
    ずっと昼抜きで(ゲッソリ)

    でもね〜 頑張った甲斐ありました 

    子猫は自分でミルクが飲めるようになりました

    失明するかもと言われていた おめめも良くなり
    パッチリおめめです

    おしっこやうんちも自分で、できるようになりました


    リュウ&黒猫のチョビ 
    まだ 小さいでしょ〜

    これでも大きくなったんですよ〜

    母猫のように、好きな時に母乳をあげられないので

    同じ月に産まれた子猫達 母猫に育てられている子達に比べたら小さいと思いますが

    チョビは、元気いっぱい育ってます
    (只今のチョビのサイズ 缶ビ−ルサイズです)

    最近は、猫用おもちゃで よく一人遊びしています


    そして今年 3月23日に生まれ半年たった3チビ姫達
    (正面 左★もか)
    次に3チビ姫★ゴマ ★マ−ブル ★チョコ


    そして そして 新しい家族のもとで 
    ママ パパ おじいちゃん おばあちゃん
    の愛情ひとり占めで可愛がられて過保護に育てられている 
    正面 左★ライラちゃん4姉妹の次女
    (ワンニャンママ家に遊びに来たライラちゃん)


    ワンニャンママ家 8月のお盆休みに7ワン連れて 
    静岡県のロッジ 有夢にお泊りに行った時の写真


     
    ←ここに泊まりました
    1日 1組 貸切 限定

      
    ワンちゃんと家族で、ゆっくり
    過ごしたい方には、オススメです
    年中無休では、ありません


    1Fの部屋 
    ワンニャンママ家は、パパとママ
    7ワンで泊まりましたが
    部屋が、すごく広いので
    15人〜20人は、軽くOK
    洗面所 台所 冷蔵庫 洗濯機
    あります
    お風呂は、外ですが
    手作り温泉で景色を見ながら
    もちろん 貸切なので
    ゆっくり入浴できます







                      

    2Fの部屋
    2Fも使っていいのですが
    ワンニャンママ達は1Fの奥の部屋で
    7ワン達と一緒に寝たので
    2Fの部屋は、使いませんでした
    ※使っても使わなくても金額は変わりません

    詳しい情報は、こちら↓↓↓
    http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/38697/?l-id=top_C_history


    ★ここあ君


    正面左から3チビ姫★ゴマ カゴの中に入っているのは★マ−ブル ★チョコ

     

    左から★チョコ ★もか ★ゴマ 前にいるのは★マ−ブル

    元気よく走っているのはチビ姫★ゴマ その後ろにいるのは★しなママ


    正面 左★しなママ ちび姫★マ−ブル


    みんな大きく育ってくれています

    仕事をしながらの多頭飼いは、確かに楽ではありません

    周りの人達から 
    大変でしょ〜? 
    自分の時間ないでしょ〜?
    手放したら?とか よく言われますが

    どれも 『NO』

    この子達が、いるから
    ワンニャンママは、頑張れるんです

    それとワンニャンママ家の夫婦円満も、この子達がいるから
    夫婦喧嘩しても、お互い別れられない理由
    そ・れ・は・・・パパもママも この子達と絶対 離れたくないから
    ワンニャン達は大切な 大切な家族

    私達 夫婦の大切な宝 子供達








    | 1/8PAGES | >>